ニコレットで禁煙生活を自分で強いている男性

禁煙をすると決めた方は、まず始めに禁煙のやり方を決めるのではないでしょうか?意志を強く持ってやめたり、禁煙補助的なモノを利用してやめる方もいるかもしれません。もし、迷っている方がいるならば、ニコレットでの禁煙を推奨します。

ニコレットで気楽に禁煙を始める

タバコは百害あって一利なしと言われています。体に悪いとは分かっているし、タバコ代もバカにならない、だから止めたいと思って禁煙に挑戦したけれども、なかなか無理だった、元に戻ってしまった、という人も多いでしょう。中には毎年のように、今年こそは禁煙するぞ、と思いながら、やっぱりタバコに手を出してしまう、ということを何度も繰り返している人もいます。
タバコが止めにくいのは、単にそれが生活習慣の一つになってしまっている、例えば、ランチの後には一服するのが習慣になってしまっているから、だけではありません。このような理由を、心理的依存と呼びますが、心理的依存だけではないのです。
もう一つの理由は、身体的依存です。タバコに含まれるニコチンに慣れてくると、今度はニコチンが欠乏したときに、一種の禁断症状を起こすのです。イライラする、頭痛がする、何か落ち着かない気分になる、といった症状です。このような症状が現れることを、身体的依存と呼びます。
この二つの依存性があるために、タバコは意思の力だけで、さあ今日から止めるぞ、と思っても止めにくいのです。つまり、意思の力では心理的依存は克服できても、身体的依存を克服することは、もちろん不可能ではないにせよ、難しいのです。これが禁煙に失敗する大きな理由です。
ニコレットは、この身体的依存を克服する手助けをしてくれるのです。タバコを止め、イライラするといった禁断症状が起こったときに、ニコレットを使うことで、その症状が軽減されます。ですから、心理的依存を克服するほうに集中できるわけです。つまり、今までタバコを吸っていたようなシチュエーション、習慣を変えること、例えばランチの後に同僚と一緒に喫煙コーナーに立ち寄るのを止めて、代わりにコーヒーを飲む、というようなことに集中できます。その結果、禁煙により簡単に近づくことができるというわけです。