ニコレットで禁煙生活を自分で強いている男性

禁煙をすると決めた方は、まず始めに禁煙のやり方を決めるのではないでしょうか?意志を強く持ってやめたり、禁煙補助的なモノを利用してやめる方もいるかもしれません。もし、迷っている方がいるならば、ニコレットでの禁煙を推奨します。

ニコレットが原因で体調不良になる

ニコレットが原因で体調不良になることがあります。禁煙を成功させられないのは、タバコに含まれているニコチンが神経伝達物質のアセチルコリンと似ており、喫煙によって幸福感を得られるためです。喫煙が習慣化するとタバコを吸わないことによるストレスが大きくなってタバコから離れられません。そこで考え出されたのがニコチン置換療法です。1978年にスウェーデンでニコチンを配合したガムのニコレットを製造し、歯茎にくっつけるだけで粘膜からニコチンを摂取して禁断症状を防ぎます。タールなどの有害物質を含まないので、健康的に禁煙を進められる画期的な商品です。ニコレットは薬局に行けば購入することができます。しかし使用することで一時的な血圧の上昇や動悸などを訴える人もいます。元々高血圧の人は薬剤師と相談して自分に適しているかを判断しなければなりません。また他の病気で薬を既に服用している場合は、ニコチンが治療を妨げないかを確認します。ニコレットを使い始めると、タバコを初めて吸った時のようなめまいや頭痛などの症状が現れます。特に喫煙をしない人は体調不良になりやすいため、興味本位でニコチンを摂取することは避けます。ニコレットは6ヶ月間使用しますが、それでもニコチンに対して依存しタバコが手放せない場合は、禁煙外来など医師による治療が必要です。体調不良を起こしにくいのが、パッチタイプです。肌に貼るだけで効果があり、皮膚に異常がなければ心配ありません。ただし同じ場所に連続してニコチンによる刺激を与えると、一部分にだけ負担がかかります。皮膚のトラブルがあるとパッチタイプは使用できないので、貼る場所を少しずらす必要があります。